期待できるトコジラミ駆除業者の実力❘痒みやただれからの解放術

man

トコジラミとダニの違い

男性

夏になると、寝間着も厚手から薄手へと変わっていき、露出が多くなっていくでしょう。自宅の寝具にダニやトコジラミが生息していると、露出されている部分を噛みつかれる恐れがあります。噛みつかれることによって大きな痛みが生じることはありませんが、ひどい痒みに襲われるでしょう。ダニは見えるほどの大きさではありませんが、ノミやトコジラミは簡単に目で見ることができるほど大きなものです。1匹でも自宅内で見かけた際には、その数百倍は潜んでいると考えてトコジラミ駆除するべきです。トコジラミ駆除をせず、そのまま放置していると数は増す一方となるでしょう。

トコジラミとダニとの違いは、大きさの他にも生命力の高さが挙げられるでしょう。自宅内のトコジラミやダニを退治する殺虫剤は、ダニやノミに有効的に働きますが、トコジラミの生命力は非常に高いので全てを一掃することが難しいとされています。しかし、80度以上の熱にとても弱いので、トコジラミがいるところに熱湯やアイロンで熱を与えるといいでしょう。効果的にトコジラミ駆除ができます。

一度に大量のトコジラミを一掃するべく、効率よくトコジラミ駆除をする場合には夜間に行なうといいでしょう。トコジラミは普段、暗がりを好んで目立たない場所で生息している為、昼間にソファや寝具に対策を施してもあまり意味が無いのです。湿疹をもたらすトコジラミを放置していると、肌に湿疹を増やしていくだけなので早めに対策をとること何よりも重要だと言えるでしょう。その体長は約5~10ミリほどで寿命は約1年だとされています。